夢スピーチコンテスト

2016年は、東京10名、横浜8名、福岡6名、計24名のカナエルンジャー(奨学生)がそれぞれの会場でスピーチします。

2015年夏、東京・横浜・福岡で開催された給付型奨学金支援プログラム『カナエール』。計1323名の方にご来場いただき、奨学生であるカナエルンジャーたちは堂々と夢を語りました。3分間の映像と5分間のスピーチにこめられた思いが、沢山の観客に伝わり、それぞれの会場は優しく温かい雰囲気で包まれていました。

カナエール 夢スピーチコンテスト 2016は東京、横浜、福岡の3都市で開催されます。

【夢スピーチコンテスト日程】

横浜会場 6月18日(土)神奈川公会堂(神奈川県横浜市)
東京会場 6月25日(土)四谷区民ホール(東京都新宿区)
福岡会場 7月3日(日)黒崎ひびしんホール(福岡県北九州市)

2015年に来場くださった方々の声

現在大学3年生、何だか恥ずかしくなりました。

難しい言葉なんかより、想いがこもった、まっすぐな言葉がこんなにも心に突き刺さるのか、と実感しました。あれだけの大人数の前で自分の夢について堂々と話すことは、そんな簡単なことではないと思います。みんな自分の夢を語っているときの顔が生き生きとしていて、夢を持つことって素晴らしいのだなと改めて感じました。私は、現在大学3年生で、親に学校に通わせてもらっていますが、将来の夢は漠然としていることが、何だか恥ずかしくなりました。児童養護施設の現状をより多くの人に知ってもらいたいし、自分も伝えたいと思いました。今回、夢スピーチコンテストに来れて良かったです。ありがとうございました。

カナエール永久に続け!

児童養護施設の職員として、このカナエールのプログラムは本当にありがたく感謝致しております。毎年何人もの子ども達が進学する状況の中で、簡単に進学を勧められないのは、入学してからの費用的な大変さや、一人で立つことの難しさがあります。費用的な助けと、温かい励ましを下さり、背中を押し出してくださる事が、彼らにとって、どれだけ大きな助けであるかと感謝でいっぱいです。カナエールが永く続きますように!

こちらがすごく応援してもらっている気持ちになりました

カナエルンジャーのみんなを応援しにきたはずなのに、こちらがすごく応援してもらっている気持ちになりました。もちろん、応援したい想いもいっそう強くなりました。
カナエルンジャーの想い、夢、エンパワーの方々の支援、スタッフの方々の応援、本当に大きな愛を感じることができました。
とっても素敵なスピーチをありがとうございました。夢に向かって悔いのないように、一生懸命生きて行きましょう、お互い!!来年は仲間を誘って来ます。

よりいっそう頑張ろうと思いました!

皆が純粋に自分の夢を語る姿に心打たれました。今、未来に夢を持っている姿が素敵でした。私も、今夢を持って大学で勉強していますが、よりいっそう頑張ろうと思いました!
それぞれが目指す場所は違いますが、またこれまでの経験や境遇も違いますが、目標をもって進んでいる人がいるんだって思えば、それだけで力になります。今回、児童養護施設を出る子どもたちの厳しい現実も目のあたりにして、自分も何らかの形で関わっていきたいと思いました。

きっかけを頂きました

“夢” “家族”という言葉、感覚について考える良いきっかけとなりました。

広がれ!支援の和

もっとB4Sが有名になればいいな〜と思います。エンパワメンバー、ハードル高そうだけど、チャレンジシてみたいなと思っています。今日は、高校生の娘と来ました。同世代の子にアウトプットしてくれることも期待しています。

スピーチに引き込まれました。

初めて参加しました。カナエルンジャーの方々のスピーチに引き込まれました。辛い経験をしたからこそ他者に対して思いやりを持つ姿、支援されたからこそ、支援する側になる、なりたい。
より多くの人に聞いてほしいと思いました。

カナエール全国展開

カナエールを巣立ち、社会で活躍するカナエルンジャー。彼らはきっと、次の世代のロールモデルになっていくはず。カナエール 夢スピーチコンテストは、より広くたくさんの若者に輝いてもらうことを祈って、全国へと展開していきます。

プロジェクトを継続的にサポートください

カナエールでは奨学金継続サポートとして、スピーチコンテスト後も若者たちへの奨学金支援を続けていくため、カナエールをサポートくださる方々を募っています。多くの「継続サポーター」によって、この取り組みは支えられています。月額2,000円より、継続サポーターとしてカナエールへのご支援がいただけます。

奨学金継続サポートのお手続きはこちら

※スマートフォンからでもお手続きいただけます。