クローズアップ現代【〜奨学金破産の衝撃Ⅱ“中退続出”の危機~】をご覧いただいた方へ

HPにアクセスくださり、誠にありがとうございます。
NPO法人ブリッジフォースマイルが運営する、奨学金支援プログラム「カナエール」は、
児童養護施設から進学を目指す若者を応援するため、2011年より活動しております。

今夜のクローズアップ現代では、奨学生の1人がインタビューに登場しました。

なかなか可視化されない、児童養護施設の子ども達の困難な状況。進学率は20%となっています。

私どもの活動は、卒業までの継続的な奨学金支援(給付型)を特徴としており、現在も45名以上の進学中の施設退所者に奨学金を給付中です。

どうぞこの放送を機に、日本の子どもの現状に少しでもご興味いただけましたら幸いです。

2016.8.24 カナエール実行委員会一同

===========================

▼カナエールからのお願い

◆カナエルンジャーに奨学金を届けるため、継続サポーターをあと50名ほど必要としております。
http://www.canayell.jp/support/donate/

◆2017年度、子どもに関わるボランティアに挑戦してみませんか!カナエルンジャーを支える社会人メンバーを募集しています。(募集開始は10月〜)
http://www.canayell.jp/support/empowerment/

◆ブリッジフォースマイルは児童養護施設の子どもの自立支援(進学支援・就労支援・住居支援・退所後支援など)を行なっている団体です。気軽にできる古本寄付から、ずっと見守る継続寄付まで、皆様の温かいご支援をお願いしております。
http://www.b4s.jp/action/contribution/

===========================

毎日新聞Webサイトでカナエールが紹介されました!

毎日新聞Webサイトでカナエール夢スピーチコンテストをご紹介いただきました。

児童養護施設出身の若者が夢を語る チケット代は奨学金に

児童養護施設で暮らす若ものは18歳で施設を出て、自立して生きていかなくてはなりません。「カナエール」は児童養護施設を退所した後、専門学校や大学等へ進学する若ものを支援する奨学金支援プログラムです。児童養護施設を退所する若者の進学率は20%(全国平均75%)、進学後の中退率は30%(全国平均10%)。親や家族を頼れない中、アルバイトで学費や生活費を稼ぎながら、卒業まで仕事と勉強を両立することは難しく、施設からの進学の前例も少ないがゆえに、進学を選べない若者が多くいます。

カナエールは、夢や進学への思いを語るスピーチコンテストの出場を条件に、返済不要の奨学金を給付します。120日間、スピーチコンテストに向けて3人の社会人ボランティアとのチームで取り組むことで、進学してからの「意欲」と「資金」の両面をサポートします。2016年は東京・横浜・福岡の3会場でスピーチコンテストを開催します。

東京会場はお陰様で完売いたしました。横浜会場はまだチケットがございます。開催日迫っておりますので、お求めはお早めにどうぞ。

チケット代5,000円は出場者の奨学金に充てられます。ぜひお誘いあわせの上、会場へお越しください。客席に座るあなたの存在が、若者たちの夢を叶える力になります。

カナエール横浜 6月18日(土)神奈川公会堂(神奈川県横浜市)
http://canayell2016y.peatix.com

 

【メディア掲載・アーカイブ映像】日本テレビ系列“news every.”で特集されました!

2月15日放送の日本テレビ系列“news every.”でカナエールが特集されました!

番組公式サイトにて、アーカイブ映像をご覧いただけます。

【重い奨学金で破産も 経済格差が希望格差に】

OECD(経済協力開発機構)のほとんどの加盟国では、給付型奨学金が導入されている。日本でも、先月、馳浩文科相が、給付型奨学金の導入に積極的な姿勢を示した。しかし検討すべき課題が多いのが現状。日本学生支援機構の統計では、2015年度は約134万人の利用が見込まれていて、貸与額の合計は約1兆1000億円にのぼり、利用者の人数も、貸与額も年々増えている。

そんな中、特に深刻なのが、虐待や貧困で家庭から保護され、児童養護施設などで生活する子どもたちということで、

ブリッジフォースマイルの調査データ と ブリッジフォースマイルが運営する給付型奨学金プログラムが取り上げられました。

http://www.news24.jp/articles/2016/02/16/07322504.html/

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

【“news every.”をご覧いただいた方へ】

HPにアクセスくださり、誠にありがとうございます。
NPO法人ブリッジフォースマイルが運営する、奨学金支援プログラム「カナエール」は、児童養護施設から進学を目指す若者を応援するため、2011年より活動しております。

カナエルンジャー(奨学生)は東京・横浜・福岡の3拠点で毎年25名ほど募集しており、今年はいままでになく、多数の応募をいただいております。

なかなか可視化されない、児童養護施設の子ども達の困難な状況。
応援する側、される側、双方の”顔がみえる支援”をテーマにはじめた小さな活動ですが、多くの方に支えられ、これまでに卒業生を12名おくることができています。そして今回、皆様のおかげで、テレビに取り上げていただける事になりました。より多くの方に知っていただける機会に恵まれ、一同心より感謝しております。

卒業までの継続的な給付型奨学金支援を特徴としておりますので、現在も40名以上の進学中の施設退所者に給付型奨学金を給付中です。

どうぞこの放送を機に、日本の子どもの現状と、カナエールの取り組みについて、少しでも興味を持っていただけましたら幸いです。

2016.2.16 カナエール実行委員会一同

=====================================================================================================
【奨学金継続サポートのお願い】
カナエルンジャーに継続して奨学金を届けるため、一口2,000円の継続サポーターをあと80名ほど必要としております。
http://www.canayell.jp/support/donate/

【夢スピーチコンテストのチケット販売】
給付型奨学金は、スピーチすることを条件に、給付しております。
約500人の方々にチケットを購入して頂き、奨学生の夢スピーチを聞いて頂き、応援して頂きたいと思っております。
コンテストのチケット販売は4月1日を予定しております。詳細は追ってHPにてご案内させて頂きます。
=====================================================================================================

【メディア掲載・アーカイブ映像あり】テレビ東京系列“NEWSアンサー”で特集されました!

昨日放送のテレビ東京系列“NEWSアンサー”でカナエールが特集されました!
番組公式サイトにて、アーカイブ映像をご覧いただけます。

進学の夢を叶えた先輩たちの姿が、これから施設を巣立つ子供たちにとってのロールモデルになる。そんな希望の連鎖を生み出したい。カナエールの取り組みを詳しくご紹介いただきました。

貧困も虐待も越え・・・僕が開く未来

児童養護施設で育った若者たち。
進学の夢を描いても
資金面などから諦めざるを得ない人が多い。
子供たちの「進学したい」を叶えるための
取り組みを取材
(番組公式サイトより)

【「貧困」「虐待」それでも… 未来をあきらめない!】
http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/newsanswer/life/post_103531/

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

【“NEWSアンサー”をご覧いただいた方へ】

HPにアクセスくださり、誠にありがとうございます。
NPO法人ブリッジフォースマイルが運営する、奨学金支援プログラム「カナエール」は、児童養護施設から進学を目指す若者を応援するため、2011年より活動しております。

カナエルンジャー(奨学生)は東京・横浜・福岡の3拠点で毎年25名ほど募集しており、今年はいままでになく、多数の応募をいただいております。

なかなか可視化されない、児童養護施設の子ども達の困難な状況。
応援する側、される側、双方の”顔がみえる支援”をテーマにはじめた小さな活動ですが、多くの方に支えられ、これまでに卒業生を12名おくることができています。そして今回、皆様のおかげで、テレビに取り上げていただける事になりました。より多くの方に知っていただける機会に恵まれ、一同心より感謝しております。

卒業までの継続的な奨学金支援(給付型)を特徴としておりますので、現在も40名以上の進学中の施設退所者に奨学金を給付中です。

どうぞこの放送を機に、日本の子どもの現状と、カナエールの取り組みについて、少しでも興味を持っていただけましたら幸いです。

2015.12.25 カナエール実行委員会一同

【奨学金継続サポートのお願い】
カナエルンジャーに継続して奨学金を届けるため、一口2,000円の継続サポーターをあと150名ほど必要としております。応援どうぞ、よろしくお願いします。※スマートフォンからでもお手続きいただけます。
http://www.canayell.jp/support/donate/

【カナエール夢スピーチコンテスト2016、ボランティア募集中!】
児童養護施設や里親家庭から進学を志す若者たちを応援するスピーチコンテストを、2016年も東京・横浜・福岡で開催します。
コンテストまでの120日間、若者たちとチームを組み、原稿作りやスピーチトレーニングをサポートするボランティアを募集しています。

説明会を下記日程で開催いたします。昨年度のボランティア経験者も参加しますので、活動についての感想なども直接ご質問いただけます。たくさんの方のご参加をお待ちしています。

2016年1月7日(木)19時~21時  東京大手町
2016年1月10日(日)13時~15時 東京大手町
2016年1月13日(水)19時~21時  横浜
2016年1月16日(土)11時~13時  東京大手町
2016年1月17日(日)11時~13時  横浜

詳しくはボランティア募集ページをご覧ください。
http://www.canayell.jp/support/empowerment/

【テレ東 ニュースアンサーをご覧いただいた方へ】

HPにアクセスくださり、誠にありがとうございます。
NPO法人ブリッジフォースマイルが運営する、奨学金支援プログラム「カナエール」は、
児童養護施設から進学を目指す若者を応援するため、2011年より活動しております。

今夜のクローズアップ現代では、奨学生の1人がインタビューにて登場しました。

なかなか可視化されない、児童養護施設の子ども達の困難な状況。進学率は20%となっています。

私どもの活動は、卒業までの継続的な奨学金支援(給付型)を特徴としておりますので、現在も45名以上の進学中の施設退所者に奨学金を給付中です。

どうぞこの放送を機に、日本の子どもの現状に少しでもご興味いただけましたら幸いです。

2016.8.24 カナエール実行委員会一同

===========================

▼カナエールからのお願い

◆カナエルンジャーに奨学金を届けるため、継続サポーターをあと50名ほど必要としております。
http://www.canayell.jp/support/donate/

◆2017年度、子どもに関わるボランティアに挑戦してみませんか!カナエルンジャーを支える社会人メンバーを募集しています。(募集開始は10月〜)
http://www.canayell.jp/support/empowerment/

===========================

【テレ東にて放送されます】12月25日(金) 午後4:52~5:20

【本日、テレ東“NEWSアンサー”でカナエールが取り上げられます!】

テレビ東京系列の報道番組「NEWSアンサー」でカナエールを取り上げていただきます。
写真は、カナエルンジャー、くばくんの撮影の様子です。彼のインタビューがしっかり映る予定です!

<放送予定>

12月25日(金) 午後4:52~5:20

http://www.tv-tokyo.co.jp/newsanswer/

貧困も虐待も越え・・・僕が開く未来

児童養護施設で育った若者たち。
進学の夢を描いても資金面などから諦めざるを得ない人が多い。

子供たちの「進学したい」を叶えるための取り組みを取材

(番組公式サイトより)

10422156_953081381427052_2882531168120512330_nスクリーンショット 2015-12-25 12.39.01

【メディア掲載】Rhythmoon:未来へ紡ぐストーリー

しなやかに、自分らしく生きる女性を応援するプラットフォームサイト

Rhythmoon(リズムーン) 」にて、

ブリッジフォースマイルの広報担当の植村がインタビューを受けました。

『カナエール』についても触れています。ぜひご一読ください。

【メディア掲載】オンライン番組「ホウドウキョク」

11月は「児童虐待防止推進月間」に関連して、

フジテレビのオンライン番組「ホウドウキョク」で10月31日に佐々木恭子アナウンサーが

カナエールを紹介してくださっています。

 

「感動するのが、色々な仕事をしている大人の人たちが関わったり、

カナエールでスピーチをした先輩たちを見て、

年々子供たちのなりたい職業に広がりが増えているんですよね」

 

コンテストの紹介に留まらず、「アナウンサー」という立場だからこそ感じたことなども、

たっぷり時間をさいてお話をしていただきました。

 

「ホウドウキョク」の動画はこちらから>

http://www.houdoukyoku.jp/pc/archive_play/00152015103101/2/

 

 

来年のカナエールを支えるボランティアも募集しています。

ボランティアってどんなことやるのかな?児童養護なんて全然知らないけどできることあるかな?

と思っている方。是非、ボランティア説明会に参加してみてください。

ボランティア説明会への受付は、以下のボランティア募集ページをご覧ください。
ご参加をお待ちしています!

http://www.canayell.jp/support/empowerment/

【メディア掲載】Yahoo!JAPAN

Yahoo!JAPANコーポレートブログにて、カナエールをつなげてくださったチャリティオークションの記事を掲載いただきました。

“アイドルと児童養護施設支援団体をつなげた「チャリティーオークション特集」”
なぜ、アイドルの滝口ひかりさんがチャリティオークションの寄付先に
児童養護施設支援団体を選んだのか…ぜひご一読ください。
記事はこちらから>http://yahoojapanpr.tumblr.com/post/133434915252/yfg

[メディア掲載]現代ビジネス

現代ビジネスにてカナエールの記事を掲載いただきました。
タイトルは 【ルポ】子どもたちの貧困 〜夢なんて持てない。「社会からの偏見」と「進学格差」

6月に開催した夢スピーチコンテストの様子。奨学生のスピーチを中心に構成いただきました。
ぜひご一読ください。

記事はこちらから>http://gendai.ismedia.jp/articles/-/45280

スクリーンショット 2015-09-21 16.25.56
スクリーンショット 2015-09-21 16.31.31