【エンパワ日記】姫やんの心の中の色んな想い

チーム「東京ブラック」のマネージャー、ぐっちゃんです。

私がカナエールを知ったのは、ほんの3か月前でした。

親を頼れない子どもたちの「夢をかなえるチカラ」を育み、彼・彼女たちの応援者を増やしていく。

その取り組みに共感して、今回初めて参加しました。

 

・・・

 

姫やんは、この春高校3年生に進級した女の子です。

私たちエンパワは2月末に姫やんと初めて会い、「東京ブラック」というチームになりました。

 

人見知りです、と教えてくれたけれど、会話をしたら少しずつ笑顔を見せてくれるようになった姫やん。

 

チームビルディングのワーク “マシュマロ・チャレンジ対決” の後に

そのマシュマロとパスタで、なんともキュートな東京ブラックのマスコットキャラクター

「マシュ殿」

を生み出してくれた、図画工作が得意な姫やん。

 

何か心配なことはある?と聞いてみると

「途中でやめたいって言っちゃうかもしれない」と話してくれた、素直でまじめな姫やん。

 

ちょっぴりシャイな姫やんにとって、大勢の応援者の前で夢を語るカナエールに応募するのは、きっととても勇気のいることだったのではないかと思います。

姫やんはどんな想いで、このカナエールへの参加を決めたのでしょうか。

 

・・・

 

この日を境に、LINEグループで、姫やんとエンパワ3人のコミュニケーションもスタートしました。

好きな食べもの、今日のできごと、「おはよう」「今帰りだよ」「おつかれさま(*´ω`*)」。

少しずつ時間と言葉を共有していきます。

 

・・・

 

3月中旬、エンパワと事務局担当者で、姫やんが暮らすお家(児童養護施設)を訪れました。

目的は、職員さんから、姫やんをサポートするためのアドバイスをいただくこと。

 

姫やんはやさしくて、一緒に暮らす小さな子どもたちをとても可愛がっていて。

職員さん以上に背中を追いかけられる存在だと教えていただきました。

この日も縄跳びで元気いっぱい遊んでいたかと思ったら、

私たちが帰る頃にはカラフルな絵の具で手が染まっていたり♪

 

学校、バイトといそがしいのに、

空いた時間でお姉さんの役目も頑張る、頑張り屋さん。

姫やんは、児童養護施設の職員を目指しています。

 

・・・

 

3月下旬。1泊2日の合宿では、30時間をチームメンバーと共に過ごしました!

分刻みのスケジュールで、たくさんのワークが用意されていました。

 

(序盤。合宿の目標を4人でシェア)

 

夢と向き合うワークでは、子どもも大人も自分の夢を打ち明けました。

お互いにどんなことを考えているのか知り、少しずつ距離も縮まります。

(お昼休憩もチーム行動。一緒にからだを動かしたり、おしゃべりしたり)

 

チームフラッグ作りを通して、姫やんの夢が、チームの目標になりました。

姫やんがちぎり絵で作った似顔絵をお手本に、エンパワもなんとか各々の顔を作り上げ、マスコットキャラの「マシュ殿」も配置して。

東京ブラックらしさ溢れるフラッグができあがりました♪

(姫やんから教わった小顔ポーズで☆)

 

1日目のワークを終えた達成感のなか臨んだキャンプファイヤー&マイムマイムでは

やっと “エンパワ(大人)への遠慮” を超えて、姫やんが素顔を見せてくれたように感じました。

 

合宿2日目、ついに夢スピーチコンテストの原稿作りが始まりました。

自分と深く向き合い、自分の想いを確かめながら、進めます。

 

みんなの前での初めてのスピーチ(プレプレスピーチ)を午後に控えて

緊張もあり、少し焦りもあり。

なかなかしんどい時間だったと思いますが、集中して取り組めました。

 

姫やんはどんな気持ちでカナエールに参加したのか、少しずつ話してくれました。

 

児童養護施設の職員になるために、進学したいこと

 

夢をかなえて、同じ境遇の子どもたちに伝えたいメッセージがあること

 

今まで支えてきてくれた人たちに見せたい姿があること

 

児童養護施設のことをよく知らない人たちに伝えたいことがあること

 

まだまだ、うまく言葉にはできないけれど。

強い想いを感じました。

 

これから少しずつ、姫やんにしか伝えられないことを、姫やんの言葉で、紡ぎ出していってほしいと思います。

 

・・・

 

合宿を終えた帰り道、姫やんから届いたLINEのメッセージは

「楽しかったし、すごく充実した2日間になりました」

 

ハードな合宿後でヘトヘトなのはエンパワも姫やんも同じ…はずですが、

帰宅後、姫やんは就寝時間を過ぎても原稿作りに没頭していたそうです!

 

1か月前に聞いた「途中でやめたいって言っちゃうかもしれない」という姫やんの言葉が

もう、ずっと昔のように感じられます。

 

・・・

 

これから姫やんは、目標にしている職員さんやお世話になった人たちに会いに行く予定です。

何を感じて、どんな夢、その先の未来を描いていくのか、とても楽しみです。

 

私たちは「エンパワ」。

姫やんと向き合い、気付きや歩みを見守り、ときには促すことができるように、力を合わせてサポートしていきます。

 

夢スピーチコンテストまでの、あと3か月間。

姫やん、とりちゃん、483(しばさん)、ぐっちゃん

4人で一緒に駆け抜けます!

 

7月8日(土)、カナエール東京会場へ

姫やんの夢、そして他のカナエルンジャーたちの夢を、聴きにいらしてください!

 

(東京ブラック:ぐっちゃん)

 

カナエール 2017 夢スピーチコンテスト、詳細はこちら

カナエール 2017 夢スピーチコンテスト チケット好評発売中!
お求めは下記リンクより!

カナエール 2017 夢スピーチコンテスト、今年が最後の開催です!