One Step – ボランティアはじめの一歩

先日のボランティア(エンパワ)研修は、日本オラクル様の本社で会議室を終日お借りさせていただきました。
新宿のビル群を目前に遠く富士山も見渡せる絶好のロケーションから、陽の光を浴びつつ、充実した研修を行うことができました。

参加したボランティアのみんなの目もキラキラ輝いていて、和やかな雰囲気の中、笑顔あふれる、はじめの一歩になりました。

今回は場所のご提供のみならず、5名の社員の皆様(川向様、吉武様、高橋様、中島様、横澤様)にボランティアとして誘導・研修のお手伝いにご参加いただきました。
お休みの土曜日にも関わらず、終日誠にありがとうございました。
何より、真紅のボランティアTシャツ、とても格好良かったです。

一部ワークにもご参加いただいた川向様・吉武様からは
「思っていたよりもずっと整った研修内容で驚きました。はじめてプログラムに参加された方を含めて、ボランティアの皆さんの真剣かつあたたかい眼差しに触れて、またディスカッションを通じていろいろと考えさせられました。今からスピーチ大会を見るのが楽しみです」
というありがたいお言葉を頂戴しました。

また、本日もご参加いただいた高橋様は、一昨年2015年から「チャリティチャリ」という自転車ロングライドの取組によって広く寄付を募っていただき、カナエールを応援いただいています。
http://www.cyclingforcharityjapan.com/
(今年のライドは、コンテストの翌日から1ヶ月間を予定しているそうです)

私は、これまでカナエールにかかわるボランティア活動というと、エンパワ・実行委員として実際に子供と接する活動に参加したり、寄付等を通じた金銭面での支援を行なったり、という側面ばかりを考えがちでしたが、今回のサポートを目の当たりにして、ボランティアの関わり方はひとつではないと改めて気づかされました。

多くの方々に助けられながら、今年のカナエールは順調にスタートしました。

(実行委員: えるも、おじゃる)