【エンパワ日記】ガッツの「ありがとう」

こんにちは!東京ブルーチーム、マネジャーのえっつんです。

今回は、わたしたちチームのルンジャー、ガッツのことをお話します。

ガッツは現在高校3年生の男の子。

マンガ『ベルセルク』の主人公の名前からとったそうです。

顔は似てません(笑)。ベルセルクが、マンガが大好きでつけた名前だそうです。

tokyoblue1

そんなベルセルク好きなガッツは

*「ありがとう」が言える

*でもちょっとテレ屋さん です。(^_^;)

初めての顔合わせの時、お互いすごくドキドキでした。

マネジャーの私は、前日興奮してよく寝付けないくらいに!

高校生のガッツは、もっと大変だったんじゃないかと思います。

その初日、事あるごとにガッツは「ありがとう」と言ってくれました。

大人ながら、ここは学ぶべきところが大きいなと感じます。

その初顔合わせから1ヶ月後、合宿では「プレプレスピーチ」がありました。

tokyoblue2

スピーチ内容としてはまだまだなんですが、私たちが注目したのはガッツの視線です。

当日ルンジャーやエンパワなど60人を前に語りましたが、

60人の目が、耳が、一斉に自分に向いている緊張感の中…。

ガッツは時折原稿を確認しながら、ずっと視線は聞いてくれている60人にありました。

視線を会場全体にゆっくり動かしながら語ることができたガッツ。

これが自然にできちゃうのはスゴイことですよね!

そのことについて「すごくガッツの良かったところだよ!」と伝えましたが、

ちょっとハニカミながら「別にたいしたことないでしょ」と本人。

そう、テレ屋さんなんです(^_^)

でも本当にチームのエンパワ全員、心からそう感じました。

そんな、「ありがとう」が言える、でもちょっとテレ屋さん、のガッツの夢は…?

それは、東京チーム発表の7/8(土)の会場で!
tokyoblue3