笑顔あり感動ありのカナエール合宿開催しました!!

開催日:3月28日(土)、29日(日)
参加人数:約70名
場所:セミナーハウス常総

皆さま、こんにちは。
現在NPO法人ブリッジフォースマイルでインターンとしてカナエールに携わっている、べっぷと申します。今後、カナエール関連でブログを更新することが何度かあると思うので、以後お見知りおきを。さあ、今回は先日行われた2015カナール合宿について書いていこうと思います。

LXT18485

さあ、合宿の始まりです!!

 
【一日目】
カナエルンジャー(奨学生)とエンパワチーム(サポートボランティア)の初めての顔合わせから一カ月空いての再会の場。カナエール東京・横浜の合宿が3月28日、29日の2日間、開催されました。朝九時に集合したカナエルンジャーとエンパワ。少し緊張しているのか、ポツリポツリと話しながらも、再会を喜んでいる様子でした。

〈謎解きゲーム〉
そんな中、まずは始まったのが「謎解きゲーム」。うさぎの仮面を被った一見怪しげないでたちの「カナエルンジャー・グレート」から、1チーム1枚ずつ紙が配られました。皆でミッションを乗り越えてゴールを目指します。ゲームの構成はチーム対抗というよりは、全員で助け合い、与えられたミッションを時間内にクリアすることが目的とされていました。
「スタート!」の言葉で一斉に紙をめくる音が聞こえ、ワイワイと盛り上がる会場は、数十分前のぎこちなさを感じさせませんでした。カナエルンジャーと同じくらい楽しそうに取り組むエンパワさん達の姿をみて、こうやってチームワークが出来上がっていくのだな…と感じました。
ラストミッションは全チームの協力なしには解けない仕組みになっていて、最初は自分のチームのテーブルのみに集まっていたのに、後半になると様々な色のTシャツが入り混じってゲームに取り組んでいて会場がとてもカラフルでした。最後は皆で2日間の合宿に対する決意を声を合わせて読み上げる形でゲームクリア!!拍手喝采の合宿の幕開けでした。

LXT18567

カナエルンジャー・グレート参上!!

〈Chromebook研修〉
次にGoogleのボランティアの方にご協力を頂き「Chromebook研修」が始まりました。
離れていても、カナエルンジャーとエンパワがスピーチ原稿をオンラインで共同編集できるよう、導入された研修だそうです。インターネットを介してのビデオ会議、ハングアウトがつながった瞬間は色んなチームから歓声が聞こえてきて、とても和やかなムードで研修を進めていました。

LXT18708

手こずりながらもChromebookの使い方を覚えました

〈自分の夢について真剣に考えるワーク〉
カナエルンジャーもエンパワも自分の夢についてまず考え、その想いの原点を辿り、最後にその夢が叶った場面を想像する、という順番で進められていました。スピーチの原稿を書く中でもっとも鍵になってくる大切な行程です。最初はふんわりと夢を想像していたカナエルンジャー達ですが、「なぜその夢なのか」「いつからそう考えるようになったのか」をエンパワと話しながら、具体的に掘り下げていく中で、抽象的だった夢を、少しずつハッキリさせることが出来ている様子でした。朝に比べて、それぞれのチームがずっと「本音」に近い部分で話せるようになっていました。

LXT19114

自分と真剣に向かい合うカナエルンジャーたち

〈禅さんのお話し〉
夕食の後は「禅さんのお話」を聞く時間でした。合宿で毎年恒例となっている黒岩禅さんのお話、私は、お会いするのも話を聞くのも初めてでしたが、「過去と他人は変えられない。変えられるのは未来と自分だけ。自分が変われば世界は変る。」というシンプルなようで深いメッセージは、自分の中で特に印象に残っています。今回の合宿が2度目の面識となるカナエルンジャーとエンパワたち。今日一日で、不満なことや、うまくいかないことなどあったかもしれません。これから本格的に始まるチーム活動において直面する問題や不満を解決するキーワードが「自分が変わる」を実践することだと、禅さんは私たちに伝えたかったのではないかと感じました。

LUMI8230

涙あり笑いありの禅さんのお話

 

【2日目】
〈お散歩〉
合宿2日目の始まりは、早朝のお散歩から。桜が咲き始める時期、春を感じながらの早朝の散歩は、カナエルンジャーやエンパワの眠気を吹き飛ばしたようで、公園に着くなり敷地内の滑り台で遊ぶメンバーの姿が見られました。1日目の朝とは違い、カナエルンジャー同士や自分のチーム以外での交流が増え、全体の雰囲気がとてもいいな、と感じました。

LXT19193

桜を見ながらのお散歩

〈フラッグ作成〉
朝食後の最初のチーム活動として、フラッグ作成をしました。フラッグは、各チームでスピーチを創りだすために必要な軸となるものです。各チームのそれぞれの目標やテーマを象徴する色、シンボル、言葉を組み合わせて、オリジナルのフラッグを完成させることが、これからのチーム活動の大切な第一歩。
カナエルンジャーが率先してデザインするチームや、カナエルンジャーがアイデアを出して、絵の得意なエンパワの方に下書きを描いてもらうチームなど、それぞれのペースでオリジナルのフラッグを作成していました。また、カナエルンジャーとエンパワが一丸となって、フラッグを作る姿は、とても微笑ましいものでした。

〈フラッグ発表〉
次に、完成したフラッグを各チームで発表しました。カナエルンジャーがもつ夢が凝縮されたフラッグは十人十色。カラフルなものや、自分のチームの色を基準にしたものなど様々でした。チーム一丸となって作ったフラッグを発表する姿をみて、カナエルンジャーの夢ではなく、チーム全体の夢、という意識が高まったというように見受けられました。

LXT19402

フラッグを掲げて、スピーチコンテストへ向けて舵をとるメンバーたち

〈プレプレスピーチ〉
この合宿最後のプログラムはプレプレスピーチ。各カナエルンジャーが、コンテストに向けてのチームとしての意気込みや、自分の将来への目標を初めて大勢の前で発表する機会となりました。壇上に登るカナエルンジャーは、みんな緊張している様子でしたが、自分の言葉で自分の夢を語りだすみんなは、とても堂々としていました。発表が終わって、カナエルンジャーとエンパワがハイタッチをしている姿は、この合宿がチームの絆を強くしたことを表してしるように思えました。

LXT19463

〈最後に〉
涙あり、笑いあり、興奮あり、感動あり、緊張ありの充実した2日間の合宿はあっと言う間に終わってしまいました。この合宿を通して、子どもたちが自らの夢を改めて考え、自分自身と向き合うだけでなく、そこに関わった私たち大人も多くのこと学んだのではないかと、私は実感しています。
コンテスト本番のスピーチコンテストにどのようなスピーチを聞かせてくれるか、当日がとても待ち遠しいです。

引き続き、カナエールの応援よろしくお願いします。

 

カナエール 夢スピーチコンテスト 2017 チケット好評発売中!
お求めは下記リンクより!