【歴代カナエルンジャーは語る】あおい

児童養護施設や里親家庭からの進学を志す若者たちのスピーチコンテスト。

2016年も東京・横浜・福岡で開催します!

コンテストまでの120日間、若者たちをサポートするボランティアを募集しています。
今回はカナエルンジャーとして2013年にスピーチコンテストに出場し、
最優秀賞を受賞した「あおい」について紹介します。
——————————————————————————————

—— 2013年のスピーチコンテストに出場した「あおい」が語った夢

IMG_6396 IMG_5389

高校1年生のとき僕は大好きなサッカーを諦めました。
今でもサッカーを諦めたことは本当に悔しくて、後悔していて、忘れることができません。
児童養護施設で生活をしているからという環境を理由にして諦めたくない。
将来はこどもたちが夢を熱く語れるような環境をつくる仕事をしたいです。

 

小学生からサッカーが大好きだった「あおい」。
しかし、大学へ行く資金を貯めるためにはアルバイトをしなければならない。
「大学で勉強」をするために、本当に大好きだったサッカーを一度諦めました。

 

——あれから2年、大学生になった「あおい」に現在の学校生活について語ってもらいました。

(大学の)勉強は順調で、サッカーは今年からサッカー部のキャプテンになりました。
1年後に「やってよかったな」と思えるように、今はすごい頑張っています。

あおいあおい (2)

勉強やアルバイトだけでも毎日忙しいのに、高校生で一度は諦めてしまった「サッカー」も
今ではキャプテンを務めるまで頑張っていると報告してくれました。

 

——今の「夢」についてよかったら教えてください。

将来の夢はスピーチをしたときから変わっていなくて、
児童養護施設を出た子供たちの支援をしたいなと思っています。

あともうひとつ。今本当に叶えたい夢は…
児童養護施設に今いる子供たちに見本というか…
自分が大学を卒業することで、「僕たちにも出来るんだぞ!」
というのを見せてあげたいです。

 

スピーチコンテストを経験して新たな目標を見つけ、毎日の学校生活を充実させている「あおい」でした。

——————————————————————————————-

一緒に若者の夢を応援しませんか。

6年目を迎えるカナエール。今年も合計60名のボランティアを募集します!

児童養護施設や里親家庭など、社会的養護の下で育ち、大学・専門学校等への進学を志す若者たちが、来年6月開催のスピーチコンテストで進学の夢を語ります。 コンテストまでの120日間、若者たちとチームを組んで一緒にスピーチ原稿と紹介映像を作成するボランティアを募集します。 新しいことに挑戦したい方、チームで何かを作り上げるのが好きな方、ご参加をお待ちしています!

説明会への受付開始しました! くわしくはボランティア募集ページをご覧ください。

http://www.canayell.jp/support/empowerment/

 

カナエール 夢スピーチコンテスト 2017 チケット好評発売中!
お求めは下記リンクより!