【エンパワ日記】一生懸命頑張っている若者の声を聞きに来てほしい

東京レッドのエンパワのゆいぴーです。

本番のスピーチコンテストまで、残り1ヶ月を切りました。
先週の5月17日に事前発表会として、東京で発表するメンバーが集まって現時点のスピーチをお互いの前で発表し合いました。
緊張するカナエルンジャー、気持ちが高ぶって声を詰まらせるカナエルンジャー、そのまっすぐな思いに、ボランティアメンバーのエンパワや事務局の方々も、どーん!と胸を突かれるような思いを感じました。

私のチームのカナエルンジャーは「かんちゃん」です。
先日誕生日が来て19歳になったばかり、4月から大学に通い始めたばかりの、ピカピカの大学1年生です。
かんちゃんを一言で言うなら、根がまっすぐ、嘘が嫌い。
原稿の内容を話し合う時も、ここの表現ってどうゆう意味?こうゆう意味?と聞いてみると、
「そうじゃないんすよ〜、俺そんなこと思ってないんすよね。」と
自分が納得できる表現まで、妥協しない。
そんな彼のまっすぐな思いが伝わる、事前発表会のスピーチでした。
聞いた方から頂いたコメントが、「目力(めぢから)が強い!!」(笑)だったくらい。

それでも、他のカナエルンジャーのスピーチを聞いたり、大人達から色々コメントをもらって、悔しかったそう。当日の夜には、原稿を書き直して、またサポートメンバーの私たちエンパワまで、メールで送ってくれました。
彼の負けず嫌いな一面も、新たに知ることができました。
まだまだ良くなる。まだまだ彼の思いは強くなる。
そう感じた1週間でした。
どんなに難しい本を読むよりも、どんなニュースやテレビを見るよりも、
是非、スピーチコンテスト聞きに来てもらえたらと思います。
児童養護施設出身者を応援する、それだけではなくて、
今一生懸命頑張っている若者がいること、その声を聞いてほしい、
本当にそう思います!

スピーチコンテストまであと1ヶ月弱、エンパワも頑張ってサポートします〜♪

-----------------------------------

寄稿いただいてから掲載までに時間がかかってしまいました。“かんちゃん”が出場するカナエール2015東京のコンテストは来週6/20開催です。

お陰様で東京会場はチケット完売となりましたが、横浜会場(6/28)はまだお席に余裕がございます。たくさんの方のご来場をお待ちしています!

http://canayell2015y.peatix.com/